明光寺マルシェ
毎年4月最終土曜日開催

「除夜会」
毎年恒例行事 12月31日 よる11時~

奈良駅近くのお寺お問い合わせ

 
 
大阪夏の陣で豊臣方落武者が利用した井戸

 

浄土真宗本願寺派

龍華山 明 光 寺

RYUKAZAN MYOUKOUJI

明光寺は元禄2年(1689年)4月頃に創建されました。
寛政5年(1793年)「直参町惣道場 明光寺」と古文書によって記されています。
(本願寺史料より)
寺の言い伝えの一つに、境内の井戸には1615年 大阪夏の陣の折、豊臣方の落武者が井戸の水を飲んで、いずれかに立ち去って行ったという話があります。
この言い伝えから推測すると、江戸時代以前には明光寺の前身として道場(説法などを行う場)があったと考えられます。

石塔

 

山門は文化12年(1815年)東大寺の廃材を使い再建され、また境内には鎌倉時代から室町時代のものと思われる石塔があります。

明光寺shanivar(明光寺シャニバール)毎週土曜日開催

2020年度 除夜会①
 第三波といわれているコロナ感染の中ですが、今回も年末恒例の 明光寺除夜会をお勤めすることが出来ました。当日は雪が降るかと 思う程の寒さでしたが、来られた方々にはビニール手袋を付けても らうなど感染対策に協力して頂きながらついてもらいました。 一時は中止も考えましたが今は無事終えることができ、本当に安心 しております。
Read More
明光寺除夜会
 コロナ感染拡大の続くなかではありますが、今年も明光寺では 恒例の除夜会を執り行います。賑やかに出来ていた今までの様に はいかないとは思いますが、精一杯の準備をしてお越しの皆さま をお待ちしたいと思っております。  また当日はお越し下さった方には記念品をお渡し致します。    ●日時 12月31日 夜11時~12時半まで (最初本堂にて短いお参りをしてから鐘をつき始めます。)  ●駐車場あり(当日は寺横の公園が専用駐車場)                              どうぞどなたでもお気軽にお越し下さい。
Read More
令和二年度 明光寺報恩講法要
                                                      9月の秋季彼岸会、動物燈明会に引き続き、新型コロナ収まらない 状況ではありますが、感染対策をしっかり行い、11月3日(文化の日) に報恩講法要をなんとかお勤めする事が出来ました。 法要のお経の後は今年も三浦性暁師にご法話頂きました。その話の中で 心に残った言葉がありました。  「皆さん、今年に入って新型コロナで先がまったく見えなくなったという 言葉よく聞きますが、別にコロナ感染拡大したから先が見えなくなったわけ ではなくて実は私達は普段から先が見えていないんですね、もし見えていたの なら感染拡大を予想出来ていたはずですから」 この言葉を聞いた時、本当にその通りだなと思いました。私達いかに当ての ないものをまるで約束されたように思いこんで一喜一憂しながら日々を送って いた事であるなと。  お釈迦様が私達に残して下さった教え「諸行無常」というもの  世界のあらゆる事物は常に変化して、永遠ということはない 今年は私達の状況なんか縁起(あらゆる物事には必ず原因と結果がある)に よって簡単に変わっていってしまうのだなと思い知った一年でありました。
Read More
明光寺 報恩講法要
 秋も深まって参りました。 明光寺では今年も報恩講法要を お勤め致します。 報恩講法要は浄土真宗の年間行事の中でも 最も大切な行事です。字の意味からすれば「恩に報いる集まり」 という事です。生涯をかけて本当の人間らしい生き方、喜びの ある人生を示して下さった親鸞聖人の御苦労を偲び、ご恩に報 いる感謝の集いが報恩講法要です。    日時 11月3日(火) 昼2時より  ※本年は新型コロナウイルス感染拡大を考慮し昼座のみとさせて頂きます。     法話〔ご講師〕本願寺派布教使 三浦 性暁師(東京多摩地区開教所)    講題 「月影の至らぬ里は無けれども」です。                           どうぞどなたでもお気軽にお参り下さい。
Read More
明光寺 10月度の寺報
2020 10月寺報① 2020 10月寺報②  報恩講法要の御案内と年末・年始のお知らせ、また 毎週土曜の「お寺でつながる」など掲載しております。 どうぞご覧ください。
Read More
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

アクセス